暗号化のメリットとデメリット

パソコン・ハードディスクの豆知識

データを暗号化している場合は、パソコンやUSB外付けHDDから内蔵ハードディスクを取り外して別のパソコンから読み取ろうとしてもデータは読み取れません。所謂、盗難や不正アクセスでデータにアクセスし取り出そうとしても、暗号化されているため解読が出来ません。

ハードディスクやRAID化されたNAS、またはUSBメモリーに保管しているファイルやフォルダを暗号化することで、盗難または紛失などの事故からの外部への流出を防ぐセキュリティー化が可能になります。

暗号化で代表的なソフト

BitLocker
SecureLock
Check Point Full Disk Encryption(旧 Pointsec PC)
秘文 Data Protection

但し、データの暗号化はこのような情報漏えいのリスクが減るメリットがある一方でデメリットも存在します。おおよそのメリットとデメリットについて下記に記載いたします。

暗号化による代表的なメリット

  1. 万が一、PCが盗難されてもセキュtリティ対策になる
  2. 紛失した場合でも情報漏えいのリスクが減る
  3. 不正アクセスがあった場合でも解読が不可能
  4. 廃棄したパソコンからの情報抜き取り防止

暗号化による代表的なデメリット

  1. ファイルの保存やアクセスに時間がかかり利用者に心理的なストレスがかかりやすい
  2. 復号化に必要なキーを紛失した場合、データを復元できなくなる
  3. 復号化に必要なキーをデータ復旧専門業者に伝えられない場合、データ復元不可

個人利用者の場合、余程のデータでなければ大きな被害が発生するわけでもないので、暗号化については左程心配する必要はないという意見もあります。

暗号化ソフト利用時の制限事項

ハードディスクの区間(パーティション)情報の変更

  1. フォルダの圧縮機能
  2. データのバックアップ機能が正常動作しないケースがある
  3. システムの復元機能
  4. スキャンディスク(チェックディスク)やデフラグの実行不可
  5. アプリケーションソフトのインストール

暗号化ソフトの問題点としては、ソフト自体が壊れるケースがあるということです。このようなトラブルが発生した場合、暗号化の方法によってはWINDOWSにアクセスできないだけではなく、パソコンにすらログインできなくなります。

またアプリケーションソフトののインストールは事前にサポートセンターや管理部門に問い合わせてから実施ないと、データが破壊されるケースがあります。

暗号化最大の問題点

尚、暗号化した場合は、特に次の点が問題になります。

  • 復号化キーが不明な場合、データの復元ができない
  • セクタ不良(バッドセクター)が発生した場合、データを読み取れなくなる

暗号化されているハードディスクやUSBメモリでは情報漏えいに対する安全性は高まりますが、万が一、故障やトラブルが発生した場合には、一般的な故障よりもデータ復旧が不可能になるデメリットがあります。
というのも、暗号化を実施しているケースでは、データを救出すために別途、復号化が必要となるからです。

特にセクタ不良(バッドセクター)などにより一部であってもファイルデータに損傷が発生しているケースなどでは、復号化が出来ない仕様となっている暗号化ソフトがあります。

また暗号化ソフトを利用しているメディアのデータを復旧する場合には、必ず復号化が必要になります。
復号化には暗号化方式によって、解除ディスクやID、パスワード、キーファイル、USBロックキー、アクセスコードが必要になります。

今すぐデータ復旧サービスを試してみませんか?
10個の無料キャンペーン期間中

18年間の実績で、あなたのデータを速やかに復旧します!
初期調査も無料!!

データ復旧サービスのお申込み

関連記事一覧