ハードディスク(HDD)をフォーマットしてしまった

エラーメッセージと障害

ハードディスク(HDD)を間違ってフォーマットしてしまった。このようなケースでもデータを復元できますか?

誤ってハードディスクをフォーマットしてしまってもデータを復旧できる可能性は充分にあります。但し、フォーマットを行った後に、新たに別なデータや同名ファイルを作成しますと新しいデータが古いデータを上書きしてしまい元のデータは復元できなくなります。

またハードディスクに何らかの理由によりキズが付いているケースやバッドセクター(BAD SECTOR)などの場合、フォーマットも正常に終了することが出来ず、論理情報も消失するケースがあります。そのようなトラブルはノートパソコンやデスクトップPC、USB外付けHDDなどの種類を問わず発生します。

ハードディスクの記録面に傷やエラーがなければ、フォーマットも問題ありませんが、物理障害と併せて、このような論理障害が発生するとデータを復元できる確率は低くなります。

ハードディスクは年々経年劣化を起こします。バッドセクター(BAD SECTOR)がドンドン増えていき、その上にあったデータはアクセスも書き込みも出来なくなります。フォルダやファイルは見えても操作ができなくなるわけです。さらにはフォルダやファイルも見えなくなり、操作もなにも出来なくなるケースもあります。

そのため間違ってハードディスクをフォーマットしてしまった場合は、速やかにパソコンの電源を切り、当社データ復元サービスをご利用ください。

無料の初期調査を試してみませんか?
さらに今ならキャンペーン価格でお試しいただくことができます。

通常、初期調査は20,000円ですが無料で実施中!また万が一ご予算と合わなかった場合、キャンセル費用なしでご返却※送料着払い。

お申込みはこちら

関連記事一覧