大切なデータをゴミ箱にいれた後、空にしてしまった

エラーメッセージと障害

操作を誤ってウィンドウズPCで大切なデータを削除し、その上で『ゴミ箱』を空にして完全削除してしまいました。このようなケースでもデータを復元できますか?

操作を誤ってゴミ箱を空にしてしまっても復旧できる可能性は充分にあります。但し、誤ってゴミ箱を空にしてしまった後に、データを作成以外にも、パソコンの操作をしますと新しいデータが古い削除データファイルを上書きしてしまい復元できなくなります。

厳密に言えば、データを破壊してしまうため、復元したデータでも、正常に使用できない破壊されたデータになってしまいます。例えば、写真データであれば、上半分が見えても下半分がグレー化した完全な元データとは違ってしまうケースが良くあります。

そのためゴミ箱を空にしてしまった場合には、速やかに電源を切り、当社データ復元サービスをご利用されることをオススメいたします。

また、よくある失敗としては、『大切なデータを削除後にゴミ箱を空にしてしまった後』にファイル復元ソフトをパソコンにインストールし、何とか復旧を試そうとされるお客様がよくいっらしゃいます。市販されているファイル復元ソフトの多くはデータを削除しゴミ箱を空にしてしまった後に決してインストールしてはいけません。

復元ソフトのインストールによってゴミ箱を空にしてしまったデータファイルが上書きされてしまい、2度と復旧することはできなくなる可能性があります。

同様な理由から、インターネットの検索操作やメールの送受信などの軽度操作も削除データを上書きし破壊するため、復元が不可能になります。勿論、写真や動画データの保存はデータサイズが大きいため、何らかのデータを削除後に保存をすると多くのデータを破壊し上書きしてしまいます。

家族の写真、子供の成長の記録、作成することが困難な研究、記録データなど、大切なデータの場合には、出来る限り、パソコンの操作をやめて、電源を切り、速やかに弊社『データ復旧サービス』をご利用ください。

無料の初期調査を試してみませんか?
さらに今ならキャンペーン価格でお試しいただくことができます。

通常、初期調査は20,000円ですが無料で実施中!また万が一ご予算と合わなかった場合、キャンセル費用なしでご返却※送料着払い。

お申込みはこちら

関連記事一覧