ハードディスクのパーテーションを開放・変更してしまった

エラーメッセージと障害

間違ってハードディスクのパーテーションをコンピュータの管理で開放・変更してしまった。この場合でも保存してあったデータファイルを復旧することは出来ますか?

ハードディスクのパーテーションを開放してしまってもデータを復旧できる可能性は充分にあります。

但し、パーテーションを開放した後にパーテーションを新たに作り直し、フォーマットを行い、データを作成しますと新しいデータが古いデータを上書きしてしまい復元できなくなります。パーテーションを開放してしまった場合、速やかに電源を切り、パソコンでの操作を中止し、当社データ復元サービスをご利用ください。

フォルダやファイルなどのアクセスや書き込みに時間がかかったりし始めて、データをバックアップした上で、パーテーションを開放し、フォーマットし直せば大丈夫だと思い実行してしまう利用者様が数多くいます。

実際は、データのバックアップが正常に実施されておらず、パーテーション解放後に気づくトラブルが多くあります。何故、このようなトラブルが発生してしまうのかといえば、セクター不良が原因のケースがよくあります。

パーテーション作成後、ファイルシステムを決定し作成しますが、セクターサイズはファイルシステムによって異なります。セクターの上、データファイルやフォルダが記録されるため、セクター不良はデータの読み書きに非常に影響を与えます。

セクター不良が多発しやすい経年劣化したハードディスクなどは、データが壊れやすく、復旧も困難になりやすいので、動作や操作に違和感を感じた場合、無暗に操作をせずに現状を維持することが大切です。

無料の初期調査を試してみませんか?
さらに今ならキャンペーン価格でお試しいただくことができます。

通常、初期調査は20,000円ですが無料で実施中!また万が一ご予算と合わなかった場合、キャンセル費用なしでご返却※送料着払い。

お申込みはこちら

関連記事一覧