ウィンドウズXPの買い替えで8の特需。でもそれだけではセキュリティは守れない!?

パソコン・ハードディスクの豆知識

ウィンドウズXPは、マイクロソフトによるサポートが4月9日をもって終了しました。サポートが終わっただけでパソコン自体が全く使えなくなるわけではありません。

但し、ウィルスなどの驚異に常にさらされ続けることになる心配があります。
というのも、サポートが終了したことにより、OSの修正アップデートが行われなくなるからです。

ウィルスはOSの欠陥を狙っています。その欠陥が放置されたままの状態ではウィルス感染しやすくなります。ウィルス感染した場合、パソコンのトラブルは増加します。スパムメールを送る土台になってしまったり、個人情報を盗み取られたり、下手をすると金融情報やクレジットカードの決済情報を悪用されかねません。

法人のパソコン乗り換え作業は計画的に実施されていますが、一般利用者は予算や財布との関係上、ギリギリまで判断を遅らせようとしていた人も多くいます。ですが、そこにきて2014年4月から消費増が5%から8%までアップされる駆け込み需要が重なったために1月から3月まではパソコン特需となったようです。

OSを入れ替えただけではウィルスの驚異は減らない

またパソコンの国内出荷台数の増加傾向は、2013年10月から始まっています。ウィンドウズXPのサポート終了(修正プログラムの提供廃止)がテレビなどを通じて取り上げられることで認知が広がったと考えられます。

ですが今回、実際にパソコンが故障したりして機械的にもはや使えなくなってしまったために、止むを得ず買い替えたというユーザーはほとんどいないでしょう。

つまり、パソコンを買い替えようと準備していた人ではなく、まだ十分に使えるので、このまま使い続けるつもりだったユーザーも取り込んでしまった需要の水増しです。本来、パソコンを数年後に買い替える予定だった人の需要を先食いしてまった状況です。

これは過去のデジタル放送のテレビ買い替えキャンペーンと同じです。需要を先食いして、その後、まったく売れない状況になる。シャープの液晶テレビを始め、販売不振から事業の継続ができなくなって問題化した状況とうり二つです。パソコンも同じような足跡をたどる可能性があります。

またOSを入れ替えただけでは、何も問題は変わりません。OSを入れ替えただけではウィルスの驚異は減らないのです。しばらくは新しいOSに対応するウィルスは少ないかもしれませんが、時間がたてばやはり狙われます。特にXPから一斉にウィンドウズ8に買い替えが進んだので、今度は8が狙われる番になるだけです。

ウィルス対策ソフトをきちんと入れたうえで、ウィルス対策ソフト自体の更新アップデートも必要です。

今すぐデータ復旧サービスを試してみませんか?
10個の無料キャンペーン期間中

18年間の実績で、あなたのデータを速やかに復旧します!
初期調査も無料!!

データ復旧サービスのお申込み

関連記事一覧